ウズベキスタン サマルカンド

ウズベキスタン サマルカンド

中央アジアの概要

中央アジアは、ユーラシア大陸またアジア中央部の内陸地域である。

18世紀から19世紀にかけては一般にトルキスタンを指したが、現在でも使用される。

トルキスタンとは「テュルクの土地」を意味し、テュルク系民族が居住しており、西トルキスタンと東トルキスタンの東西に分割している。

西トルキスタンには、旧ソ連諸国のうちカザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの5か国が含まれる。

東トルキスタンは中華民国に併合されて以降、新疆省となり、中華人民共和国に併合されて以降は新疆ウイグル自治区となった。

中国領トルキスタン、ウイグリスタンともいう。

アレキサンダー大王、チンギス・ハーン、チムールなど様々な征服者によって何度も塗り替えられた歴史を持つ中央アジア。

それぞれの時代に華開いた文化、そして侵略、荒廃、復興、発展というサイクルを何度も繰り返してきたシルクロード。

様々な歴史上の舞台となったこの地に足を運んでみませんか。

面積4,003,000 km²

人口2018年現在、中央アジア5カ国の人口は約7,000万人だが、70年後には1億人に達する見込みだ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中央アジアの地理

中央アジアの歴史

1.東方イスラーム世界

2.中国周辺地域史

3.イスラーム世界の繁栄

4.アジア諸地域の植民地化

中央アジアの国々

ウズベキスタン

キルギス

カザフスタン

トルクメニスタン

タジキスタン