2021/04/02掲載

タイの地図

アクセス情報

ビザ:観光目的で、入国30日以内に出国する予約済みチケットおよび1人1万B(家族で2万B)相当の現金があれば、ビザなしで30日(29泊30日)滞在できる。

時差:-2H

空港:スワンナプーム国際空港 (BKK)、ドンムアン国際空港 (DMK)

主要航空会社:タイ国際航空 、バンコクエアウェイズ、ジェットアジア・エアウェイズ、タイ・エアアジア、タイ・スマイル、タイ・ベトジェットエアノックエア

スワンナプーム国際空港 (BKK)

スワンナプーム国際空港 (BKK)

タイへのアクセス6 h 20 minのフライト

スワンナプーム国際空港 (BKK)

日本からの直行便は、JAL、ANA、ピーチ・アビエーション、ZIPAIR、タイ国際航空が就航している。

ドンムアン国際空港(DMK)

大抵の格安航空会社の便はドンムアン空港に到着します。日本からの直行便は、タイ・エアアジア X、タイ・ライオン・エア、ノックエア、スクートが就航している。

タイ国政府観光庁公式サイト:タイ国政府観光庁の公式ガイド。

電圧とプラグ:50Hz、220V、日本仕様の電気製品を利用する場合は変圧器が必要。プラグは日本と同じ2穴のA型やBF、Cなどが使われている。数種類のプラグが共用できる差し込み口も多く、その場合変換プラグは不要。

プラグは日本と同じ型も多い

プラグは日本と同じ型も多い

ドンムアン国際空港への着陸

成田国際空港→ドンムアン国際空港→バンコク市内へ

スワンナプーム国際空港⇔市内アクセス・・・タイを参照の事。
ドンムアン国際空港⇔市内アクセス・・・タイを参照の事

タイ観光ガイド

タイの交通

飛行機

タイの航空会社にはタイ国際航空 、バンコクエアウェイズ、ジェットアジア・エアウェイズ、タイ・エアアジア、タイ・スマイル、タイ・ベトジェットエアノックエア、タイ・ライオン・エアなどがある。

タイ国際航空~タイ国際航空は、タイの航空会社であり、同国最大の航空会社である。 かつて存在した親会社のタイ航空 とは別法人であるが、日本語ではタイ国際航空を指して「タイ航空」と称する表現が定着している。

バンコクエアウェイズ~バンコクエアウェイズはタイの首都 バンコクからタイ国内線及び近隣諸国を中心に運行している航空会社。

タイエアアジア~タイ・エアアジア は、タイ・バンコクを本拠地とする格安航空会社である。

ジェットアジア・エアウェイズ~ジェットアジア・エアウェイズ は、タイの航空会社である。

タイ・スマイル~タイスマイルはタイ国際航空100%出資のグループ会社で、バンコク スワンナプーム国際空港を拠点に運航している。

タイ・ベトジェット・エア~タイ・ベトジェットエア は、タイの格安航空会社である。ベトナムのベトジェットエアの子会社である。 2014年に設立、2015年5月19日に運航を開始した。

ノックエア~ノックエアはタイの格安航空会社。タイ国際航空が15.94%の出資をしている。

タイ・ライオン・エア~タイ・ライオン・エア は、タイの格安航空会社である。

エアポート・レール・リンク(バンコク)

エアポートリンクは「スワンナプーム空港」とバンコク市内を結ぶ高速鉄道で、AIRPORT RAIL LINKの頭文字を取って「ARL」と呼ばれている。

スワンナプーム国際空港駅は空港の地下1階に位置し、終点のパヤタイ駅までの所要時間は約30分。

営業時間は5:30~24:00、15分毎に運行している。

BTS(高架鉄道)(バンコク)

1999年に開通した高架式の鉄道。

シーロム線とスクンビット線の2路線が ある。

MRT(バンコク)

タイ国内で唯一の地下鉄。

ブルーラインとパープルラインの2つの路線が ある。

路線バス(バンコク)

路線バスは系統が数字で振り分けられていて、行き先はフロントガラスと側面に表記されています(アルファベットで書かれているバスもあります)。

ちなみにどの路線バスも時刻表はありません。

路線図は書店で販売しているので、バス利用の際は購入しておきましょう。

路線によって車両のタイプや乗車方法、料金などが異なるので乗る前に詳細を把握しておくのがおすすめです。

また英語が通じない場合がありますので利用の際には注意しましょう。

タクシー(バンコク)

タクシーは法人と個人(緑と黄色のツートンカラー)の2種類。

「TAXI-METER」とあればメーター制。

トゥクトゥク(バンコク)

タイを象徴するイメージともなっている乗物。

料金は乗車前の交渉制。一度は乗りたいタイ名物。

ソンテウ・サムロー

郊外や地方を訪れると活躍している 。

ソンテウはトラックの荷台を客席に改造した乗合バス 。

サムローは人力の3輪車。料金は交渉制 。

エクスプレス・ボート(バンコク)

チャオプラヤー川を運行する 。

三大寺院(ワット・アルン、ワット・ポー、ワット・プラケオ)をはじめ、川沿いの観光地を訪れるのに便利 。

BRT(バンコク)

道路に専用レーンを設けて、他の車は入ってこれない車線を走るので渋滞しないのが特徴の公共バス機関。

ロットゥー(ミニバス)

バンコク市街と郊外の街を結んで走る、ハイエース等の小型バンを改造したミニバス。

運河ボート(バンコク)

バンコク市内の運河を利用して、運河ボートが2路線運航している。

タイ国有鉄道

主要幹線4系統(北・南・東北・東本線)と、独立線区であるメークローン線及び空港連絡鉄道のARL路線がある。
タイ国鉄時刻表(非公式)

長距離バス

バンコクの場合は、方面別に東・北・南の3つのターミナルがあり、全然違う場所にあるので、まず自分の乗るバスがどこのターミナルから出るのかを調べて、そこに電車や市内バスやタクシーで行くことになります。

配車アプリ(Grab

Grabとは自動車の配車アプリのことです。

Grabはタイに限らず東南アジアを中心にサービス展開していて、初めて行った土地では非常に重宝します。

タイの交通ルール

日本で国際免許を申請して、タイで車やバイクを運転しようと思っておられる方は多いかもしれません。

タイは日本と同じように左側通行で、交通法規も基本的に日本とあまり変わらないので一見走りやすそうに見える。

しかしタイ独自のルールもあり、日本の感覚だと危ない経験をすることもあるでしょう。

タイで運転するうえで絶対に知っておかなければいけない交通ルールやマナー

現地旅行会社

マイバス

タイ現地オプショナルツアーを催行。問い合わせ、申し込みも日本語でOK。

VELTRA
タイ で現地オプショナルツアーを催行。

パンダバス
タイで現地オプショナルツアーを催行。

スペースバス
タイで現地オプショナルツアーを催行。

シンダイ
現地オプショナルツアー・アクティビティ予約。

ウェンディーツアー
現地オプショナルツアー・アクティビティ予約。

タビナカ
現地オプショナルツアー・アクティビティ予約。

KKday
現地オプショナルツアー・アクティビティ予約。