2021/02/24掲載

ビクトリアピーク

ビクトリアピーク

香港島は、中華人民共和国の香港にある島で、香港で最初の市街地であるヴィクトリア市が築かれた島である。

ヴィクトリア港より南側の地域を指して「Island Side」と呼ばれることがある。

日本人の間では「香港サイド」とも呼ばれる。

香港にある島の中で、2番目に大きい。

島の北部にある中環は香港の歴史、政治、経済の中心地である。

香港島と九龍半島の間にあるヴィクトリア・ハーバーには、多くの貨物船や客船、軍艦などが入港してくる。

島内には最高点であるヴィクトリア・ピークや香港海洋公園など多くの観光名所や大きなショッピングモール、オフィスビルやホテルなどが数多く存在している。

島の中心部を占める山々はハイキングコースとしてよく知られている。

【出典】

香港島「ウィキペディア(Wikipedia)」

香港島の地図

香港島の歴史

香港島は、1841年1月20日、イギリス海軍のチャールズ・エリオット大佐によってに初めてイギリスに占領された。

それまで香港島は「Barren Rock」として知られていた。

イギリス海軍は、水坑口(Possession Point)に上陸した。

1842年、香港島は南京条約により清からイギリスに割譲され、イギリスの永久領土となった。

その後中国を統治する政府が清から中華民国となり、また第二次世界大戦時に香港一帯が日本軍に占領された期間などを経て、1997年7月1日に新界の租借期限終了とあわせて、1950年以降イギリスが清の後継とみなす中華人民共和国に譲渡された。

【出典】

香港島「ウィキペディア(Wikipedia)」

香港島の主な見所

ビクトリアピーク・・・夜景観賞の有名スポット。
中環(セントラル)・・・世界屈指のビジネス街。
金鐘~湾仔(アドミラリティ~ワンチャイ)・・・近代ビルと下町が同居。
上環(ションワン)・・・専門店が集まる下町。
銅鑼湾(コーズウェイ・ベイ)・・・常に賑わう繁華街。
赤柱(スタンレー)・・・香港島の南部にある、海辺の高級住宅街。
淺水灣(レパレス・ベイ)・・・ヨーロッパの雰囲気が漂う、人気のビーチタウン。
香港海洋公園 & 香港仔( Aberdeen)・・・香港仔は香港の名前の由来となった漁師町。