チョルスー・バザール Чорсу бозор

ドーム型の屋根が特徴的なチョルスー・バザール。

新鮮な野菜、フルーツ、加工食品や肉、ソーセージにパンにスイーツに日用品など何でも売られていて、市民の台所として親しまれているマーケット。

2階建てで屋外まで続いているチョルスー・バザールは、中央アジアの雰囲気が漂い、活気に満ち溢れている。

値切りやまとめ買いの交渉でコミュニケーションしてみるのも、楽しい。

チョルスー・バザールの隣には、ローカルフードを食べられるレストランや工芸品のお店もあるので、休憩やお土産選びにもピッタリ。

住所:57 Tafakkur ko’chasi, Тошкент, [地図]
営業時間:05:00~20:15(月~金)、05:00~21:00(土・日)
ウェブサイト

チョルスー・バザール

チョルスー・バザール

バラク・ハーン・メドレセ

16世紀にシャイバニ朝のバラク・バーンによって建てられた神学校(メドレセ)で、かつては中央アジアのイスラーム本庁が置かれていた。

現在は神学校として使用されておらず、部屋を改装してお土産店として利用されている。

どの店も伝統工芸品がメインで、スザニという刺繍、絨毯、陶器、木工品など、売られているものはさまざま。

それぞれ職人が作業をしながら店番をしているので、匠の技が見学できる。

「ハズラティ・イマーム・モスク」の近くにある。

住所:Qorasaroy ko’chasi
アクセス:地下鉄「チョルスー駅」下車後、徒歩で約30分

バラク・ハーン・メドレセ

バラク・ハーン・メドレセ