2021/06/03更新

スコータイ

スコータイ

スコータイの概要

バンコクから北へ約440キロメートル、タイ北部の南端に位置する古都スコータイ。

「幸福の夜明け」を意味するその名のとおり、1238年ここにタイ族による最初の王朝が開かれた。

強力な軍事力と豊穣な大地を誇り、第三代王ラームカムヘーンの時代にはその勢力が絶大なものになった。

近隣諸国はもちろん中国などとも積極的に関係を結び、また仏教の普及にも尽力して多くの寺院を建造、そこからタイの文化芸術の古典様式が花開き、タイの文字や文学が生み出されるなど現在のタイの礎を築きあげた。

当時の栄華を偲ばせる荘厳で美しい遺跡群は、東南アジアで最も価値のある史跡のひとつとしてユネスコの世界遺産に登録されている。(出典:タイ国政府観光庁)

面積: 6,596 km²

人口: 60.25万 (2014年)

バンコクからのアクセス

①飛行機:バンコク経由で日本の主要都市からアクセス可能。スワンナプーム国際空港からバンコク・エアウェイズ(PG)がスコータイ空港へ直行便で毎日約3便[所要約1時間15分]。タイ・エアアジア、ノックエアがドンムアン国際空港からピッサヌローク空港へ直行便を就航している。

②バス:バンコクの北バスターミナル(モーチット2)からノンエアコン、エアコンバスが8:00~22:30の間、毎日運行。公営のほか私営バスも運行、所要時間は約7時間。

③タイ国鉄:バンコクのフアランポーン駅発ピッサヌローク駅、またはサワンカローク駅下車[所要約7時間]、路線バスでスコータイまで[所要約1時間]。

タイ国政府観光庁公式サイト

スコータイの地図

スコータイの観光ガイド

スコータイの県内・市内交通

新市街からスコータイ歴史公園の間はソンテウが運行している。

歴史公園内はレンタサイクル、あるいはトラムでの移動が便利。

その他にサームロー・ティブ(人力三輪車)などがある。

またシーサッチャナーライ、カムペーンペットへはスコータイ新市街の市場から路線バスが出ている。

スコータイの主な見所
スコータイのホテル(高級)
スコータイのホテル(中級)
日本語が通じる旅行会社

ウェンディーツアー・・・さまざまなコースの日本語ガイド付きツアーを催行。問い合わせ、申し込みも日本語でOK。

エイチ・アイ・エス H.I.S・・・日本語ガイド付きツアーを催行。問い合わせ、申し込みなどすべて日本語で可。

パンダ・トラベル(パンダバス)・・・バンコク日本語観光ツアーの老舗。多彩なツアーを催行。申し込みからすべて日本語でOK。