2021/06/09更新

サムイ島

サムイ島

サムイ島の概要

全島がココナッツの木で覆われていることから、別名「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれるサムイ島。

サムイ島はクラ地峡東岸沖のタイランド湾に浮かぶ、タイで 2 番目に大きな島です。

ヤシの木が茂るビーチ、ココナッツ畑、密集した山地の熱帯雨林があり、高級なリゾートや豪華なスパで知られています。

環境に配慮した開発が条例によって定められているため、その大自然と調和した、大人の洗練されたリゾートステイを心ゆくまで堪能できます。

ワットプラヤイ寺院にはビッグブッダと呼ばれる高さ 12 m の巨大な黄金の仏像があります。

この寺院はサムイ島から土手道で結ばれた小さな島にあります。

州:スラータニー

面積: 228.7 km²

人口:6.726万 (2017年)

日本からのアクセス

バンコクで1回乗り継ぎ、サムイ空港に行く行き方で、飛行時間はバンコクまで約6時間半、サムイまで約1時間半と、約8時間のフライト。

バンコクからのアクセス

①飛行機(スワンナプーム空港):サムイ島行きのタイ国際航空が1日2便、バンコクエアウェイズが1日10便以上運航[所要約1時間20分]

②長距離バス:バンコク南バスターミナル発スラーターニー行き[所要約10時間]、フェリーに乗り換えてサムイ島へ[所要時間90分]

③鉄道:バンコクのフアランポーン駅から南線の夜行列車でスラーターニー駅下車。駅からタートン港を経由して船でサムイ島のナートン港へ[所要時間約17時間]※列車時刻 特急43号 フアランポーン駅 08:05 ⇒ スラーターニー駅 16:45、特急39号 フアランポーン駅 22:50 ⇒ スラーターニー駅:08:05 (寝台列車の個室料金:特急1室/2名約2,558バーツ)

サムイ空港からの交通機関

空港から各ホテルまでは、ホテルの送迎バスまたはリムジンが運行。

県内・市内の交通

ナートンから主要なビーチ間はソンテウが往来している。

チャーター制のメータータクシーも数は少ないがある。

タイ国政府観光庁公式サイト

サムイ島の地図

サムイ島の観光ガイド

主な見どころ

サムイ島の見所(島・ビーチ)
サムイ島の見所(観光スポット)
サムイ島の見所(グルメ)
サムイ島のホテル(高級)
サムイ島のホテル(中級)

日本語が通じる旅行会社

ウェンディーツアー・・・さまざまなコースの日本語ガイド付きツアーを催行。問い合わせ、申し込みも日本語でOK。

エイチ・アイ・エス H.I.S・・・日本語ガイド付きツアーを催行。問い合わせ、申し込みなどすべて日本語で可。

パンダ・トラベル(パンダバス)・・・バンコク日本語観光ツアーの老舗。多彩なツアーを催行。申し込みからすべて日本語でOK。