2022年5月24日更新

プノンペンの観光(王宮・ワットプノン他)

プノンペンの観光(カンボジア国立博物館・キリングフィールド他)

プノンペンのホテル(高級)

プノンペンのホテル(中級)

プノンペンのグルメと買い物

プノンペンの洗濯事情

カンボジア王宮

カンボジア王宮

プノンペンの概要

プノンペンは活気のあるカンボジアの首都で、メコン川とトンレサップ川の合流点に位置しています。

クメール帝国時代とフランス植民地時代でも中心地になっていました。

公園、レストラン、バーが並ぶ川沿いの歩道には、華やかな王宮、シルバーパゴダ、全国から集めた工芸品を展示する国立博物館があり、町の中心部にはアールデコ調の巨大な中央市場があります。

(下記の情報は2022年4月現在のものです。)

人口 228.2万 (2019年)

面積 679 km²

空港:プノンペン国際空港 (PNH)

成田国際空港~プノンペン国際空港を結ぶ直行便をANAが運航。毎日1往復、所要約6時間。

プノンペン国際空港⇔市内アクセス

プノンペン国際空港は、市の中心部から西へ約7kmに位置する空港。

国道が通っていてとてもアクセスしやすい。

1.シャトルトレイン(ロイヤルレイルウェイ)
プノンペン国際空港からプノンペン駅までの直通電車。
所要時間は30分程度、運賃は2.5USドルとエアポートエクスプレスバスよりも少しお得。
公式ウェブサイトから予約もできる。
ロイヤルレイルウェイ予約サイト(英語)

2.エアポートエクスプレスバス
プノンペン国際空港から市内までの直通バスが運行している。
空港から市内へ向かうのはRed LineかOrange Lineの路線。
運行時間は09:00~17:50、どちらも運賃は5USドルです。

3.タクシー
タクシー乗り場は空港出口の正面。
市内まで一律料金で利用でき、日本人の場合は基本的に市内までは15USドルです。
市内までは通常30分ですが混雑時は1時間以上かかる。

4.旅行会社の送迎車&ホテルのシャトルバス
各旅行会社のパッケージツアーで来た人は、税関抜けて到着ロビーに出たすぐのところが現地待ち合わせ場所にされることが多く、ここで現地業者のガイドさんがプラカードや声かけしている。

5.トゥクトゥク
トゥクトゥクとはバイクの後ろに乗客用の屋根付きシートをとりつけたもの。2~4人程度乗れる。
トゥクトゥクの乗り場もタクシー乗り場のところで、こちらもタクシーと同じく距離により料金があり、7USドル、9USドル、12USドルの3パターン。
タクシーより少し安い料金設定です。

6.路線バス
空港から市内へ向かうバスは3番のバスで、ナイトマーケットまで運行している。
運行時間は5:30~20:30(10~15分間隔)で、運賃は片道1500リエルです。
所要時間は約45分ですが、渋滞する時間だとさらに時間がかかる。

在日本国カンボジア王国観光省公式サイト:カンボジア王国観光省の公式ガイド。

ホテル3つ星ホテルの平均料金は¥3,518、5つ星ホテルの平均料金は¥17,843です。

プノンペンの地図

プノンペン旅行ガイド

プノンペン市内交通

市内バス

カンボジアでは日本の支援によるバスが市内を走り始めた。

これまでは中国の援助による茶色のバスが多く走っていたが、現在では、日本の援助による青いバスも目立つようになってきた。

カンボジアのバスは1,500リエル(0.375ドル)と非常にリーズナブル。

2019年プノンペンのバス 13路線に拡大!バス徹底ガイド

タクシー

カンボジア・プノンペンのタクシーについては日本で走っているものと大差ないが、普通にトヨタのカムリが走っている。

配車アプリのGrabで呼ぶのがおすすめ。

日本と違って手動でドアをあけ乗り降りします。

配車アプリ

東南アジアでは、Grab(グラブ)が非常に有名です。

Grab(グラブ)はマレーシアで開発されたアプリ。

Grabでは新型トゥクトゥクの他に、伝統的なトゥクトゥクやタクシーまで、アプリで呼び出すことができる。

長距離バス

プノンペン ソーリヤ バスターミナルがセントラル・マーケットのそばにある。 [地図]

地方間を結ぶ、最も一般的な交通手段。

プノンペンーシェムリアップ間は最も本数が多く、夜行バスも運行している。

最近はホーチミンやバンコク等、近隣諸国へも毎日便があるため、以前に比べると陸路移動が便利になった。

長距離バス・バン

現地旅行会社

JTB MyBus

カンボジア現地オプショナルツアーを催行している。

トラベルコ

カンボジア現地オプショナルツアーを催行している。

HIS

カンボジアの観光ツアー、オプショナルツアーを格安で予約。

VELTRA

ベルトラは、旅行における現地ツアー、アクティビティ予約サービスを提供するウェブサイトおよびアプリ。
また、ベルトラ株式会社は、旅行業法に基づく旅行業者であり、同ウェブサイトほか旅行に関するサービスの運営を行い、本社は東京都中央区八重洲にある。

ピース・イン・ツアー

アンコールワット・カンボジア旅行専門店。
パッケージツアーのアレンジやビザ取得代行など。

トラベルドンキー

カンボジアのオプショナルツアー、アクティビティの専門サイト。

STワールド

カンボジア観光現地体験オプショナルツアーを催行。

プノンペンの観光(カンボジア王宮・ワットプノン他)

プノンペンの観光(カンボジア国立博物館・キリングフィールド他)

プノンペンのホテル(高級)

プノンペンのホテル(中級)

プノンペンのグルメと買い物

プノンペンの洗濯事情