コムタム  Cơm tấm

“コムタム”はベトナム南部名物の庶民的な料理で、クスクスのような細かいお米(砕き米)のごはんの上に炭火焼肉や目玉焼きをのせたワンプレート料理(皿飯)のことです。

コムタム Cơm tấm

コムタム Cơm tấm

カインチュア  Canh chua

カインチュア はベトナム南部のメコンデルタ地域の特色あるスープである。

近年は近隣のホーチミン市はもちろんハノイなど北部でも広く食されている。

カインチュア Canh chua

カインチュア Canh chua

カン・コアイ・モー  Canh khoai mo

カン・コアイ・モーというベトナム家庭料理。

日本語にすると紫山芋のとろろ汁といったところでしょうか。

日本でポピュラーな白い山芋は、ベトナムでは珍しいようです。

カン・コアイ・モー Canh khoai mo

カン・コアイ・モー Canh khoai mo

ブン・ティット・ヌン  Bun Thit Nuong

野菜と米麺ブンの上に焼いた豚肉をのせ、砕きピーナッツをまぶした汁なし麺。

甘辛いヌックマムだれであえていただく料理で、揚げ春巻きをトッピングすることもある。

ブン・ティット・ヌン Bun Thit Nuong

ブン・ティット・ヌン Bun Thit Nuong

バン・カン・クア  Banh Can Cua

タピオカ粉から作った透明の麺「バンカン」は、ベトナムで親しまれるヌードルのひとつです。

中でも蟹肉がゴロゴロ入った「バンカンクア」は地元の人たちもよく食べている人気麺。

バン・カン・クア Banh Can Cua

バン・カン・クア Banh Can Cua

ミー・ホアン・タン

あっさり味の中華ワンタンメン。夜食にも良い。

ミー・ホアン・タン

ミー・ホアン・タン

ブン・マム   Bun mam

ベトナム南部で食べられている麺料理・ブンマム(Bun mam)。

メコンデルタ地域の都市・カントー(Can Tho)やチャウドック(Chau Doc)の特産物、マムカー(Mam ca、魚の発酵調味料)を使った、ちょっと癖のあるスープが特徴の麺です。

ブン・マム  Bun mam

ブン・マム  Bun mam

フーティウ  Hu Tieu

ホーチミンでフォーを味わったら、次にぜひトライしてほしい麺がフーティウ(Hu Tieu)。

フーティウはベトナム南部で食べられている米麺で、柔らかくつるっとした喉越しを楽しむ北部のフォーに対し、半乾燥させてから裁断するためコシがあるのが特徴だ。

フーティウ Hu Tieu

フーティウ Hu Tieu

生春巻き  Gỏi cuốn

生春巻きは、フォーとともにベトナム料理を代表するものとして国外で知られる料理。

Gỏi cuốnは「包んだ和え物」の意である。

中国が発祥の揚げ春巻きとは、材料・調理・味覚のいずれにおいても異なる。

中国語でも生春巻きは「ベトナム春巻き」または「夏巻き」と呼ばれ区別されている。

生春巻き Gỏi cuốn

生春巻き Gỏi cuốn

チェー  Chè

チェーは、ベトナムの伝統的な甘味飲料、デザート、プディングである。

チェー Chè

チェー Chè